顧問のご紹介

当社(株)ITRON(アイトロン)の顧問をご紹介いたします。

最高顧問 小出 典男

社会医療法人光生病院 名誉院長
岡山大学 名誉教授
専門領域内科・消化器内科・肝臓内科・総合診療・検査医学

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査専門医
  • 日本病院総合診療医学会認定医
  • 臨床研修指導医

学術顧問 勝田 逸郎

藤田医科大学医学部血液内科 研究員
高槻赤十字病院 病院顧問
穂の香看護専門学校 生化学・病理学非常勤講師

藤田医科大学病院 臨床検査部門で計画・実現した事業

  1. 検査技師による国内初の中央採血システム(昭和51年)”真空採血管の導入”
  2. 救命救急(昭和54年)・腎センター(昭和53年)への臨床検査技師の配置
    臨床工学技士の国家試験受験資格認定に役立つ 多数の臨床工学技士を輩出
  3. 手術室への臨床検査技師の配置 夜間であっても心カテに対応(昭和53年)
  4. 国内初のトータル・コンピュータシステム開発と実現(昭和54年)
  5. 検査室から病棟への検体収集の開始(昭和54年)
  6. 検査室での歩行可能な入院患者の採血開始(昭和55年)
  7. 採血者への院内認定制度(昭和60年) 採血指導臨床検査技師10名による認定
  8. 検査技師による病棟入院患者への採血業務を開始
    • 2病棟への出張採血開始(昭和63年)
    • 6病棟への出張採血拡大(平成元年)
    • 10病棟への出張採血拡大(平成3年) 臨床検査技師102名
  9. 自動分析機器への検体搬送システムの開発 国内初(昭和54年~62年)
  10. 医療貢献の拡大として、臨床検査技師の入院患者担当制 “検査カルテ”の模索
Hemalog(テクニコン社、米国製)

国内初の全自動血液分析装置(血球算定・血球分類・凝固検査のトータル分析機器)の導入(昭和51年)

Coil Planet Centrifuge

Coil Planet Centrifuge を用いた血清補体価分析法の考案(昭和52年)

全自動血清分取・分注装置1,2号機の開発と導入

全自動血清分取・分注装置1号機は立石ライフサイエンスと共同研究による開発装置(昭和54年)
全自動血清分取・分注装置2号機はIDSと共同開発によった装置(昭和62年)

全自動血清分取・分注装置1号機
全自動血清分取・分注装置2号機

技術顧問 吉田 忠夫

学校法人京都保健衛生専門学校、講師(血液学、止血学を担当)
(社)全国社会保険協会連合会、滋賀病院35年間勤務
(独)地域医療機能推進機構(Japan Community Health care Organization、略:JCHO)滋賀病院健康管理センター7年間勤務

事業推進アドバイザー 東野 健一

宮城まり子記念館設立に向け活動中
資格〈国家資格〉
臨床検査技師
臨床工学技士
〈認定〉
超音波検査士(循環器)
病院経営管理士
児童発達管理責任者
賞罰平成13年大阪府知事賞・平成14年厚生労働大臣賞
その他元 社団法人 大阪府臨床検査技師会 副会長
近畿臨床検査技師会 元理事
学校法人ねむの木学園元評議員

事業推進アドバイザー 荒尾 進介

(株)三菱化学ヤトロン取締役研究開発本部長
(株)ヤトロン取締役 研究開発本部長
獣医師
昭和43年帯広畜産大学獣医学科卒業